本文へスキップ

お気軽にご相談ください

チャレンジーファーマーsilver farmer

チャレンジファーマー制度の目的

 チャレンジファーマー制度は、農業に関心がある市民を対象に、園芸作物を中心に、圃場での実習や机上研修を通じて生産技術を習得させます。そして、生産技術を持った労働者を求める農業者とのマッチングや新規就農、就職の斡旋、農園の紹介等を行ない、受講生がスムーズに農業にかかわれるようフォローアップします。
 そのことにより、農業者の健全な営農環境を整えるとともに、市民の就農機会を創出し、その労働力を有効活用することになります。
 加えて、農業者が労働力を確保できることにより、農業経営規模拡大の意欲向上や農地の有効活用が図られ、もって食料自給力・自給率の向上にも資するものです。


☆2019年 チャレンジファーマー 圃場実習の様子

☆受講生募集について(30年度より名称がチャレンジファーマーにとなりました)

〜平成31年度チャレンジファーマー養成支援塾受講生受付は終了しました〜

→ご応募いただきました皆さまには順次通知を発送しております。
 3月中に届かない、受講キャンセルなどございましたらお問い合わせください。 



 ・募集期間    平成31年1月19日(金)〜平成31年3月22日(金)※期間延長しました
                    
 ・定員     20名程度 (申込多数の場合は書類による選考となります)
 
 ・受講対象者  農業に関心があり労働意欲が旺盛で、受講後に引き続き農業に関わっていきたい市民
 
 ・受付場所   ○市農業公社 ○西那須野支所産業観光建設課

         ○塩原支所産業観光建設課 ○箒根出張所
 
 ・申請書    申込申請書は上記受付場所にあります
         または、下記よりダウンロードできます

 
 ・受講料    5,000円(保険料・テキスト代)
         ※受講者決定後にお支払となります


 ・お問い合せ  公益財団法人 那須塩原市農業公社(TEL 0287−60−1283)
 
 ・その他    ※詳細については下記の『チャレンジファーマ―養成支援塾実施要領』をご覧ください
         ※那須塩原市広報1月20日号にも記事を掲載しています


 ☆申請書   
 チャレンジファーマ―養成支援塾受講申請書(word形式)
 チャレンジファーマー養成支援塾受講申請書(PDF形式)
 
 ☆実施要領

 ・チャレンジファーマ―養成支援塾実施要領


チャレンジーファーマー養成支援塾 概要

活動報告写真

チャレンジファーマー養成支援塾
・受講日程
  受講期間 平成30年4月〜平成30年12月(9ケ月間)

  受講日  月2回〜3回 日曜日に実施 
       机上及び圃場研修 17回
       その他、実地研修(農家実習)を随時実施 3回

  研修時間 午前9時〜午後1時 机上研修及び圃場研修
       ※研修日以外にも 当番制で 水撒き、収穫等の
        圃場管理 があります。

・受講場所  栃木県農業試験場(那須塩原市埼玉9-5)
       ※↑クリックすると地図が表示されます。
   
・受講内容
  園芸作物の生産技術を習得するために、机上、圃場及び実施研修を実施します
  詳しくはチャレンジファーマ―養成支援塾実施要領より、【 8 受講内容】をご覧下さい。



年間スケジュール

活動報告写真

4月   開講式  圃場づくり
5月   机上研修 圃場研修 
6月   机上研修 圃場研修 現地研修
7月   机上研修 圃場研修
8月   机上研修 圃場研修
9月   机上研修 圃場研修 現地研修
10月  机上研修 圃場研修
11月  机上研修 圃場研修 現地研修
12月  机上研修 圃場研修 閉講式 
     

チャレンジファーマー制度の骨格